初心者でもわかるFX

最近よくテレビの報道番組や新聞の経済欄でよく見聞きする言葉に、「FX」があります。

このFX、株や金融に関する仕事に就いているか、
投資を行っていなければ、今一つ馴染みの無い言葉かもしれません。
しかし、一度理解すれば、インターネットを代表とする取引により、
利益を上げる事の出来る、便利な金融システムの一つなのです。

ここでは、FXの初歩の知識について確認してみましょう。
まず「FX」とは、日本語で「外国為替証拠金取引」とされています。
砕いて言えば、「外国の為替」を、「証拠金を元手に取引をする手法」という事になります。
つまり、FXを始める為には、まず第一歩として、
「証拠金」を「FX取引の専用口座」に預ける事から始める必要がある訳です。

では、ここでもう一つ、FXで取引を行う「外国為替」のシステムについて、見てみましょう。
アメリカやヨーロッパを始めとする様々な外国では、様々な通貨が使われています。
アメリカなら「ドル」、ヨーロッパ=EUなら「ユーロ」といった具合です。

例えば、私達日本人が外国に旅行する際、
普段使っている「円」という通貨を、行先の国の通貨に交換する必要があるのは、
誰しもが知る所です。

この交換の際、それぞれの通貨に変換する比率=レートが存在します。
具体的には、ニュースでよく聞く「1ドルが90円」等がそれに該当します。

この「通貨間とのレート」は、実は世界情勢やその国の情勢(国政・経済・雇用等)にリアルタイムに影響を受けます。
このレートの高低を利用して利益を出そうとする取引が、いわゆる外国為替の取引です。

そして、この外国為替を投資対象とし、保証金を専用口座に用意して取引を行うのが、「FX」となります。
取引の流れは、注文→取引成立→決済注文→損益確定が主だった所になります。
FX取引の流れはこちらにも書かれています。
http://xn--fx-fk1eu00k.ws

最後に一つ注意を持ってほしいのが、FXの取引は、レバレッジであるという点です。
レバレッジは、自分の自己資金よりも高額な資金を動かす事を指します。

利益も大きければ、損益も巨額となる傾向にある為、これからFXを始める方は、特に注意が必要です。
初心者がFXについて覚えなければならないことがたくさんありますし、実際に取引してみないとわからないこともありますが、基本的な部分を知っているだけでもかなり変わってきます。
ロスカットについては知っておいた方がよいでしょう。
http://xn--fx-fk1eu00k.tk

↓FXって本当に儲かる?

ページのトップへ戻る