おすすめのFX会社

FX取引には、様々な取引スタイルが存在しています。

一年を越える長期的なFXでスワップによる儲けを出すタイプや、
頻繁に取引を行い、短期間で積極的にトレードを行って利益を追求するタイプ等、
トレード方法や手法は、人によって微妙に違い、投資家の数だけ存在しているのが実情です。

しかし、これを「利益を何処で得るのか」という目線で見ると、
概ね次の三つ、「スワップ派」「ディトレ派」「スイング派」に分ける事が出来ます。
この三つは、それぞれの取引に適した特徴を持つFX会社が存在しています。
投資家は、自分のトレードスタイルに適合していると思われるFX会社を選択し、それを通じて投資を行っているのです。

ここでは、スワップ派・ディトレ派・スイング派の、
それぞれの取引タイプに適しているFX会社について、確認してみましょう、

まず最初にスワップ派から見てみましょう。
このタイプは、日中忙しいサラリーマンや主婦等、あまり頻繁に取引を行わない人向けとされています。
儲け方としては毎月の金利差収益に重点を置き、じっくりと取引を行います。
その為、これに適しているFX会社は、「スワップ金利が高い」事が最優先です。
2012年12月時点では、「外貨ドットコム」「サイバーエージェントFX」等がこれに該当し、
多くのスワップ派トレーダーが口座を開いています。

次にディトレ派ですが、このタイプにはFX取引を専業とするディトレーダー等に向いた取引スタイルです。
短期的な取引により、最短で利益を出す事を目的としており、瞬発力のある取引と、それを支える相場感覚が必要とされます。
この為、FX取引会社とは頻繁に口座取引を行う事が予想され、
「取引手数料が無料」である事と、「サーバーが安定している」事が、口座を開く会社の選択基準です。
2012年12月現在では、「クリック証券」「サーバーエージェントFX」が該当すると評価されています。

最後にスイング派ですが、これはスワップ金利も為替差益も重視したい方向けの取引スタイルです。
前述のスワップ派とディトレ派の両方の要素を扱う為、どうしてもFXに向き合う時間が長くなります。
その為、FX専業ディトレーダーに向いている取引タイプとされています。
これに適したFX会社には当然ながら、
「スワップ金利が高い」「サーバーが安定している」「出来れば手数料無料」等の多くの事柄が要求されます。

現在の所、「クリック証券」「外貨オンライン」がこの条件を比較的満たしており、多くのスイング派が利用しています。
FX会社の選び方はこちらも参考にしてください。
http://www.abdelhalimhafiz.com
ページのトップへ戻る