初心者の投資期間・取引回数

FXを始めて間もない初心者に取って、
利益を上げる為にどの様に投資やトレードを行っていくかは、
非常に悩ましい問題です。
FXを始めた初心者の初期資金がどのくらいが目安かというのはこちら。

利益を上げる為には、一年間単位の長期的な予想であるファンダメンタルズ分析や、
ディトレードに代表される短期的な予想のテクニカル分析を的確に行い、
相場の動向を見極めて、それに沿った取引を継続的に行っていく必要があります。

しかし、ここで問題となってくるのが、
FXトレーダーにも、一人ずつそれぞれに生活パターンや、
取引の方法に対する向き・不向きというものが存在するという事です。

例えば、日中は別の本業がある忙しいサラリーマンが、
ディトレードで行う様な、ずっと机の前で相場の動くタイミングを計る事が出来るでしょうか?
この様に、FXの参加者はそれぞれ、まずは自分に合った取引のパターンや方法を見つける事が、
長く取引に携わり、継続的に利益を上げていく基礎となります。

では、自分がどの様な投資・取引スタイルを行う事が可能で、
どの様な方法に適性があるかを知るにはどうすれば良いのでしょうか?

色々と方法論はありますが、
初心者はまず、自分が取引に使える時間の量を確認する所から始めるのがベターと言われています。
具体的に言うと、週末だけのFXなら、
まずディトレードを中心とする瞬発力の必要な短期的な取引は難しいと考えられます。

ちなみにこの様な時間をあまりFXに割けない人の場合、
必然的に一年単位でじっくりと長期の投資期間持ち、
スワップ金利で稼ぐ様な長期間を見越したスタイルが向いています。

次に、FX相場の感覚を養う為に、取引回数を意識して多くする方法が有効です。
取引回数が増えれば、当然ながら経験もそれに比例して積み上げる事になります。

特に、FXにおいては、大やけどをしない為に危機察知能力を磨く事が必要です。
その為の訓練として、初期は少額な資金で多くの回数の取引を行い、
時には数回失敗を経験する事が、結果的に初心者が「勝てるFXトレーダー」になる為の早道なのです。
FXの失敗談はこちらをご覧ください。
http://howtoswingagolfclub.org
ページのトップへ戻る